遠距離恋愛の彼氏や単身赴任中の旦那の浮気調査をする方法!

離れて暮らす恋人や単身赴任のパートナーを持つ場合、遠方で彼が浮気をしていないかと気になる事はありませんか?

頻繁に行く事も会う事もなかなかできない距離なだけに、何かがおかしいと感じてもなかなか確信を持てないもの。

そういった時に浮気をチェックする方法や、確認すべきポイントなど。
どういった所に注意すべきなのかについてご紹介したいと思いますので、悩める方はぜひ参考としてみて下さい。

遠距離恋愛と単身赴任での浮気率

遠距離という事で監視の目が届きにくく自由に過ごす事ができてしまいます。
そうした事から浮気をしようと思えば出来てしまう状況になるので、この気になる浮気の確率から見ていきましょう。

遠距離恋愛中

遠距離恋愛中の浮気についてどこで浮気だと定義するのかは人によって違うと思うのですが、遠距離恋愛中に浮気をしたと明確に答えた人はある調査では約7%となっています。

100人に7人と一見して少ないように思いますが、男性が浮気と考えるのは何かというと肉体関係がある事で浮気と考える傾向にあります。

異性と2人で食事をしたりキスをする事を浮気と捉えていない場合もあり、ここには性風俗などが入っていない可能性も考えられるので数字としてはもう少し多くなる事が予想されます。

単身赴任中

単身赴任中に男性が浮気する確率として性風俗なども含めて80%という結果もあるなど、高い傾向にあるようです。

理由としてはそれまで家族と生活していた所から一人になる事で、自由を謳歌する場合や人恋しさといった寂しさを埋めようとして浮気に走ってしまう事があるようです。

帰宅時間に関してとやかく言う人も気を遣う相手も離れて暮らしているので性風俗にも行きやすい事や、どこで誰が見ているかといった心配も少なく身分を独身だと偽る事も出来てしまう事などから浮気が可能となっているようです。

浮気してしまう理由とは?

物理的に距離が離れている事で気軽に会う事もできませんし、連絡のやりとりを心がけていても遠くで生活している事や互いの生活が違う事で距離感が出来てしまう事があります。

こうした事で気持ちが他へ向いてしまうといった場合や、相手に対する気持ちが冷めてしまうといった事があります。

また、離れている事で監視の目も近くになく自分の自由に過ごす事ができ、近くにいる女性に浮気心が動いてしまって浮気をしてしまうという事があるようです。

一人の寂しさをこうした手近な相手で満たそうとしたり、遠距離や単身赴任という、すぐには解決できない状態である事から辛さや寂しさを異性との浮気という形で誤魔化そうとする場合があります。

性欲を満たしたいという気持ちや寂しさや心細さなど、人によって理由は様々ですがあまり知り合いも多くいない場所で一人で過ごす事も多く、お酒の席なども参加しやすい事が理由としてあげられます。

距離がある事でどうせバレないと高をくくっている場合が多く、男性が独身や独り身のように振る舞う事もできてしまうのです。

遠距離での浮気チェックのポイントとは?

連絡の頻度

それまではよく週末になると何かと連絡をしてくれていたのに、急にそれがぱったりと止んでしまった時は何かの変化があった時です。

他に寂しさを誤魔化せるような相手が出現したり、意識が向かう先がなにか出来たという事が考えられます。

全く連絡をしてこなくなった時は要注意で言動などの観察を心がけるようにしておきましょう。

突然出なくなった友人や同僚の名前

それまでは彼の会話の中に頻繁にあの人がこの人がという会話があったのに、突然その人の話しをしなくなった時、浮気相手となった場合はその後ろめたさから恋人や妻に対してその人の話しができなくなります。

それまでは頻繁に出てきた名前を聞かなくなった時に、携帯チェックでラブラブメールをしていたなんて事を発見する事もあります。

久しぶりに会うとオシャレになったように見える

久しぶりに会ったらオシャレになっていたり垢抜けた雰囲気になっているなど、服装や身だしなみに気を遣うようになっている時は浮気の可能性があります。

それまではそこまで気を遣わなかったのに、髪型をしっかりと決めていたりオシャレな服装をするようになった時は、そうさせている存在がいるという事になります。
人が服装や髪型などに気を遣い自分を素敵に見せようとする時は、誰かに素敵だと思われたいという下心があります。

突然の訪問に驚いたり嫌がる

突然訪問した時に驚いたり少し嫌がるような素振りが見える時は、浮気をしている可能性があります。

それにより予定を変更せざるを得ない場合や、家にある浮気の痕跡などを見つけられる可能性がありそれを隠す暇もなかった時に連絡をせずに訪れた事を責めるような場合があります。

彼の家にある自分や家族の写真や痕跡などがそのままになっているかをチェックし、自分といった女性の存在を部屋にそのままにしているかどうかという点でも、部屋に他の女性を連れ込んでいるのかどうかを推し量る事ができます。

部屋が変わっている

部屋にオシャレな小物が増えていたり整理整頓が行き届いていたり、女性の存在を思わせるようなシャンプーなどの洗剤があったり二人の写真が片付けてあるなど、様々な所から浮気の痕跡を見つける事ができます。

普段掃除をあまりしなかった人が綺麗にほこり一つもなく掃除していても怪しいですし、水回りにオシャレな小物が増えていたり水垢もないほどピカピカになっていると掃除をしてくれる人物の存在が考えられます。

風呂の排水口

風呂場の排水口を毎日掃除する人は少ないものです。

他の部屋は綺麗にしていても排水口の掃除はしていない場合があり、ここに髪の毛などが残っている場合があります。

こうした事もある事から、自分が来た時に本人には分からないように髪の毛などを綺麗に掃除しておく事で、次に来た時に女性のものと思われる髪の毛がないかなどを確認する事ができます。

遠距離の恋人やパートナーの浮気調査をする方法とは?

遠距離である事からなかなか浮気調査は難しい可能性もありますが、離れていてもできる事を見ていきましょう。

友人に監視してもらう

彼の知らない自分の友人や共通の友人などに、監視してもらう事で浮気の傾向や浮気しているかどうかを知る事ができます。

こちらがそうして調べている事を悟らせないような人物にこうした監視を頼んでおくと良いでしょう。

不安だからとGPSで位置情報を教えてもらう

家族や恋人とお互いの位置情報をGPSで公開しあって確認する趣旨のアプリなどがあります。

こうした情報を共有する事で浮気の可能性を減らせる事もできる他、どんな経路でどこに移動したのかが全てわかるので離れている事で不安な場合にも活用できるアプリです。

探偵や興信所に依頼する

どうしても距離があるだけに自分での浮気調査には限界があります。

遠距離から無理に浮気を調査しようとするよりも、彼や夫が伸び伸びと浮気がバレないと高をくくってくれている離れている環境を最大限に活用するべきともいえます。

浮気の証拠を押さえる方法

恋人や夫の家に行った時に、何か怪しい痕跡が見つかった場合はそれらを残しておきましょう。

生活している距離が離れているために証拠をつかみにくいものなのですが、特に既婚者で証拠を押さえる必要のある場合は単身赴任先の最寄りにある探偵などに調査を依頼するようにしましょう。

バレないと高をくくっている事で浮気調査自体はしやすい傾向にあり、夫の近くの探偵に依頼する事で妻の地元の探偵に出張費などを出して調査してもらうよりもかなりの金額を押さえる事に繋がります。

単身赴任中で寂しくて心細くても不倫は不倫で明らかな不貞行為となります。

それにより離婚も視野に入れるといった場合には裁判で使えるような強くてしっかりとした証拠を集めるようにしましょう。

恋人同士であっても、婚約をしている場合は慰謝料を請求できる事がありますので、裁判で慰謝料請求をしようと考える場合は同じ様に裁判で使える証拠を集める必要があります。

離れた場所で浮気調査をする方法について

遠距離恋愛や単身赴任など、離れている人の浮気を疑った時に浮気チェックをする方法などについてご紹介してきました。

浮気をしているんじゃないかと思った時に、感情にまかせて相手を責め立ててしまいたくなる事もありますが、婚約者や配偶者といった立場にあった場合は相手の浮気によりその関係が破綻してしまった時に慰謝料を請求する事ができます。

配偶者である時は場合によっては浮気相手と本人の双方から500万円程の慰謝料をもらえる事もありますので、浮気をしていると感じた時は浮気調査を依頼してみたり、泣き寝入りしない方法を模索してみる事をおすすめいたします。

ここでご紹介してきた事などを遠距離で生活している彼や夫の浮気を見抜く参考として下さい。